消費者金融の賢い使い方とは

消費者金融は高い利便性を持つ借り入れです。そのため使い方を誤ると、たちまち借金地獄に陥るということは理解しておかなくてはいけません。そこで、そういったトラブルにつながらない賢い使い方を紹介しましょう。そもそもキャッシングは、小口融資を目的としています。なので大金を借りるのには向きません。
→詳しくは消費者金融一覧

利用用途は限定されていませんが、ちょっとした生活資金としての活用がオススメです。例えば、給料日前に飲みに誘われた、欲しい洋服を見つけてしまった、終電を逃したのでタクシーで帰りたい、生活費が足りない、公共料金の支払いを忘れていた…etc、このような場面で利用します。1回の借り入れに付き、数万円程度に抑えて利用してください。

そして、できれば一括返済が望ましいでしょう。キャッシングは利便性が高いので比較的金利が高めとされており、利息は日割りで出すので、借入日数が伸びるほど利息負担も伸します。要するに、返済できるときに返済し、できれば一括で返すということを心がけて欲しいのです。返済ありきで計画を立てて利用していけば、返済できなくなるほどの借金を抱えることはないでしょう。

また、1社契約していれば充分ですので、複数社を契約する必要はありません。借り入れ件数が増えてしまうと借金の管理も難しくなってきてしまいますので注意してください。お金に対する価値観を失うことなく、借りているお金だということを意識して利用していくといいでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

コメントは停止中です。