専業主婦がお金を借りるならレディースローン

専業主婦がお金を借りるならレディースローン

本人に収入がない人は原則としてキャッシングを利用することが不可能です。貸金業法には融資額は本人の年収の3分の1までとする、という規制があります。専業主婦は収入がないため、キャッシングでお金を借りることができないのです。

と、ここまでは原則としてのお話で、実は専業主婦でもお金を借りることは可能です。規制の例外として、配偶者に収入がある専業主婦にはお金を貸しても良いという規定があるのです。特別な審査が必要になりますが、収入のない専業主婦もキャッシングを利用できるのです。

この特別な審査に対応しているのがレディースローンです。レディースローンは女性向けに特化したキャッシングであり、スタッフを女性のみにして親身な相談に応じるなど、女性でも気軽にキャッシングを利用できるように配慮されたサービスです。専業主婦という女性特有の事情にも対応しており、配偶者の同意書、婚姻を示す書類、配偶者の収入証明を用意することによって専業主婦がお金を借りる道を開いてくれているのです。

一般のカードローンなどでは、特別な審査を受け付けていないので専業主婦が審査に通ることは不可能ですが、レディースローンであれば専業主婦への融資も可能なのです。

専業主婦がキャッシングを考えるなら消費者金融のレディースローンより銀行カードローンを検討するのが効率的です

最近男性より実入りが少ない女性でも、対等に消費者金融を利用できるように配慮を図ったレディースローンのサービス提供している業者が増えてきています。

レディースローンの利用メリットは、他会社より比較的低い金利で借入れ可能だったり、ローンの新規申込を受理する担当者が同じ女性で接しやすい点や、対面審査での対応が柔軟であるという面もあります。

但し消費者金融のレディースローンは、将来安定した収入が約束されていれば、主婦や学生・アルバイト問わず利用できますが、直接稼ぎのない専業主婦の場合は、貸金業法が定める年収3分の1の借入までに制限される総量規制に反する為に原則としてローン利用できません。

どうしても専業主婦が生活資金としてキャッシングする必要に迫られている時は、消費者金融のレディースローンが利用不可であっても、銀行のカードローンなら総量規制から唯一外れているので、専業主婦であっても配偶者の収入を証明できる書類を提出さえすれば、融資を許可してくれる場合があります。

一般的に銀行カードローンが提供する専業主婦への貸付枠は最大でも10~30万円程度に留まりますが、着実に返済を滞りなく行い、健全な取引履歴を積み重ねていければ、将来的に増枠を期待できるメリットもあります。

このように消費者金融のレディースローンを専業主婦が利用するのは現状不可能ですが、一部のネット銀行や大手銀行カードローンなら少額ながらも専業主婦への新規融資を受け付けている所は存在するので、そちらに視点をシフトしてキャッシング検討してみましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

コメントは停止中です。